2010年03月17日

福岡・能古島の切断遺体、32歳女性と判明(読売新聞)

 福岡市西区能古の能古島の海水浴場で15日に発見された遺体の一部は16日、同市博多区堅粕5、会社員諸賀(もろが)礼子さん(32)のものであることが、福岡県警西署の捜査本部の調べでわかった。

 諸賀さんは今月6日から行方がわからなくなっていた。捜査本部は諸賀さんが殺害された後に切断され、海中に遺棄されたとみて捜査している。

 捜査本部によると、諸賀さんは一人暮らし。6日朝、会社の同僚が諸賀さんのアパートを訪ねたところ、玄関ドアは施錠され、不在だった。携帯電話もつながらないという。

 室内には財布が残され、荒らされた形跡はなかったが、ベランダの窓ガラスが内側から割れていた。目立ったトラブルはないといい、会社の関係者は「失跡する理由はないと思う」と話していた。

 遺体は15日午後、能古島の北東部にある海水浴場で見つかった。砂浜に打ち上げられており、死後、1週間から10日とみられる。へそ下の部分と両足の付け根部分の計3か所が、鋭利な刃物で切断されていた。さらに500円硬貨ほどの大きさのあざが3〜5か所あった。殴られた跡のように青紫色になっていたという。

なぜ殺害し、現場に火をつけたのか…「半落ち」の女子大生殺人犯(産経新聞)
能楽観世流シテ方の河村禎二氏が死去(産経新聞)
愛子さま3日連続登校、5時限目だけ(読売新聞)
サーブ機に車輪トラブル=ランプ不点灯、けが人なし−北海道(時事通信)
米国でエイズ遺伝子治療を開発へ―タカラバイオ(医療介護CBニュース)
posted by バン サダオ at 05:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。