2010年06月18日

労働基本権、見直しには影響提示を=海外事例を紹介―人事院年次報告(時事通信)

 人事院は11日、2009年度年次報告書を国会と内閣に提出した。政府が国家公務員の労働基本権回復を検討していることを踏まえ、海外の実情を紹介した上で、現行制度を見直す際は「具体的な効果や影響が国民に提示され、さまざまな角度から検討を深めることが必要だ」と指摘した。
 公務員は、憲法で保障されている労働基本権のうち、非現業部門の場合は協約締結権や争議権が制限されている。政府は、労働条件を民間と同様、交渉で決める仕組みに改める考えで、来年の通常国会に関連法案を提出する見通しだ。 

【関連ニュース】
所信表明演説要旨
所信表明演説全文
政調会長兼務「成功させたい」=玄葉光一郎公務員制度改革担当相・新閣僚会見
鳩山首相語録
国家公務員採用、高卒は25%減=地方大にしわ寄せ

<はやぶさ>地球帰還前に、ツイッターで「あかつき」「イカロス」らにお別れ(毎日新聞)
岡崎信金元職員ら預金着服=1億3600万円、告訴へ―愛知(時事通信)
「四つ星」にまで窃盗団!南ア滞在スペイン人記者被害(スポーツ報知)
<東北厚生局>職員が開示文書改ざん 情報公開法に抵触も(毎日新聞)
科学予算削減の民主、はやぶさ絶賛は「現金過ぎ」(読売新聞)
posted by バン サダオ at 14:53| Comment(18) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

700年前の政権交代に思う(産経新聞)

【土・日曜日に書く】

 ≪現実忘れた政治の末路≫

 いまから約700年前に、日本史の画期ともなった「政権交代」があった。後醍醐天皇による鎌倉幕府の打倒である。

 元弘3(1333)年、隠岐に配流中の天皇はひそかに島を抜け出た。皇子の大塔宮護良(おおとうのみやもりよし)親王や楠木正成、赤松円心らが各地で蜂起する。実力者の足利尊氏まで反旗を翻し、鎌倉幕府は約150年にわたる歴史の幕を閉じた。

 後醍醐天皇が始めた政治は、年号から「建武の新政」と呼ばれる。「朕(ちん)が新儀(しんぎ)は未来の先例たるべし」(私が始める新しいやり方が、後世の規範となる)の言葉の通り気概はあふれていたが、実際は天皇による時代錯誤な独裁でしかなかった。

 このような政権など長続きするはずもない。新政を歓迎していた武士や農民たちが失望し、公家ですら「物狂の沙汰(さた)」(後愚昧記(ごくまいき))と、さじを投げた。2年後には、足利尊氏が政権打倒のリーダーとして名乗りを上げる。

 新政を批判した著名な史料として、「二条河原の落書(らくしょ)」がある。「このごろ都にはやるもの。夜討強盗、謀綸旨(にせりんじ)」で始まる一文である。内裏に近い二条河原に張り出されたこの落書は、「治安が悪くなる一方で、恩賞は不公平。みんな平気でうそをつき、成り上がり者ばかりが幅を利かせている」などと、当時の社会の混乱を生々しく描き出している。

 新政は末期的な症状を呈していた。にもかかわらず後醍醐天皇は有効な手を打てず、尊氏率いる軍勢の前に、正成らの忠臣を次々と失ってしまう。最後はわずかな側近とともに、吉野山へ逃げ込むしかなかった。

 ≪しぼむ「新政」への幻想≫

 さて、ここからは現代(いま)の話である。昨年9月、衆望を担って誕生したはずの鳩山由紀夫内閣は、普天間飛行場の移設と「政治とカネ」をめぐる問題の責任を取るとして退陣した。後継首相には菅直人副総理・財務相が決まった。

 彼らが声高に叫んだ政権交代とは、いったい何だったのだろう。民主党を中心とした連立政権が始めた「新しい政治」なるものの内実は、旧政権の政策をすべて否定し、財源の見通しもないままカネをばらまき国民の歓心を買おうとしただけではなかったか。

 喝采(かっさい)をもって迎え入れた人々もしだいに、「新しい政治」が幻想に終わりそうなことを察知し始めた。失望のあらわれは10%台の内閣支持率である。

 このままでは、7月に迫った参院選で惨敗し、政権の運営も厳しくなる。鳩山首相と小沢一郎民主党幹事長は大いに焦り、2人そろって職を辞することとした。それが、今回の「小鳩同時退陣」の脚本なのだろう。

 派手な退任劇によって、「今度こそクリーンで新しい民主党に生まれ変わった」と印象づける狙いだが、有権者も簡単にはだまされまい。与党政治家の多くは国民全体の安全や幸福など真剣に考えてはおらず、一部の利益や特定のイデオロギー実現のために働いていると見透かされているからだ。

 ≪「退廃」の腐臭を感じる≫

 「新しい政治」は、いつも待望される。自民党政権は過去の実績にすがるだけで時代に合致した改革が求められていることを忘れ、国民の信頼を失ってしまった。戦後初の本格的政権交代にも、それなりの理由はあった。

 しかし、政権交代の主役たちの志操は低かったというしかない。最高権力者である小沢幹事長の威光を恐れ、「政治とカネ」の問題にも、批判は出なかった。「民主党」を名乗りながら、党内民主主義すらなかったのである。

 口蹄(こうてい)疫の感染拡大に対する対応の鈍感さや、郵政改革法案をごり押しして恥じないさまなどにいたっては、見苦しいばかりである。政権を取ったおごりを通り越し、すでに退廃が始まった腐臭を感じてしまう。

 後醍醐天皇の新政は、わずか3年半で崩壊した。700年後に産声をあげた新政も、まだ8カ月余りではあるが大きく傾きかけている。民主党への支持率は盛り返しているようだが、といって国民がすべてを帳消しにし、ふたたび高い期待を寄せるとはとても思えないのである。

 この混迷を救うキーワードがあるとすれば、「公の精神の回復」だと筆者は考えている。ひとりよがりの「友愛」などでは決してない。私利私欲を離れ、真にこの国を立て直す勇気と行動力に基づいた「新しい政治」こそが、待ち望まれている。(論説副委員長・渡部裕明)

【関連記事】
8日に組閣 蓮舫氏入閣へ 仙谷官房長官、野田財務相 
鳩山氏とは異質の湿った軽さ パフォーマンスの菅
「読み」誤った小沢氏 9月末まで高見の見物か
「何人帰れるだろう…」参院選の顔に揺れる民主改選組
自民に強い危機感 古い体質払拭できず、迫られる戦略見直し

<新型インフル>「最盛期過ぎた」WHO事務局長(毎日新聞)
全国で30人追加提訴=原告、首相辞任に「困惑」―B型肝炎訴訟(時事通信)
民主代表選 菅氏配布文要旨(毎日新聞)
「警官に紹介され信用」と賠償請求=組長に貸金、奈良県など提訴―大阪地裁(時事通信)
<官製談合>宮崎前知事の公訴棄却 最高裁決定(毎日新聞)
posted by バン サダオ at 03:54| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月02日

原発をめぐる主な裁判(時事通信)

 原発        一審   二審   最高裁      
【行政訴訟】(設置許可取り消しなど、被告は国)       
伊方1号(愛媛)    ×    ×    ×       
東海第二(茨城)    ×    ×    ×       
福島第二・1号(福島) ×    ×    ×       
伊方2号        ×(確定)             
柏崎刈羽1号(新潟)  ×    ×    ×       
もんじゅ(福井)    ×    ○    ×       
【民事訴訟】(建設・運転差し止め、被告は電力会社など)   
女川1、2号(宮城)  ×    ×    ×       
もんじゅ        ×(確定)             
泊1、2号(北海道)  ×(確定)             
志賀1号(石川)    ×    ×    ×       
福島第二・3号     ×    ×    ×       
高浜2号(福井)    ×(確定)             
島根1、2号(島根)  ×                 
志賀2号        ○    ×   係争中      
浜岡1〜4号(静岡)  ×   係争中           
○は請求認容、×は棄却。 

【関連ニュース】
【動画】ナトリウム漏れから14年半 「もんじゅ」運転再開へ
【動画】もんじゅ、5月上旬にも再開=「前向きに」と福井県知事
【特集】もんじゅ運転再開〜信頼は取り戻せるのか〜
〔写真特集〕高速増殖炉「もんじゅ」
原発運転差し止め認めず=島根1、2号機

原発差し止め訴訟で判決へ=島根1、2号機の耐震性争点―提訴から11年・松江地裁(時事通信)
刑務官暴行 革手錠の違法性認め国に賠償命令…名古屋地裁(毎日新聞)
<岡本倶楽部>財務局の違法性指摘後も口頭で「元本保証」(毎日新聞)
<政策グランプリ>帰ったら袋だたき? 省庁横断的に新提案(毎日新聞)
岐阜県 産廃施設許可取り消し 住民への説明会なく(毎日新聞)
posted by バン サダオ at 05:09| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。